定額(サブスク)で働き手を介護施設とマッチング 「スケッター」と「むさし介護アカデミー」が人材確保プロジェクト開始

介護福祉のシェアリングエコノミーサービス「スケッター」と介護福祉の資格の学校「むさし介護アカデミー」は11月9日、働き手と介護施設をマッチングするサブスクリプション(定額)サービスを開始。

介護福祉のシェアリングエコノミーサービス「スケッター」と介護福祉の資格の学校「むさし介護アカデミー」は11月9日、働き手と介護施設をマッチングするサブスクリプション(定額)サービスを開始しました。 東京西部エリアで介護福祉の潜在的な働き手を発掘・確保する『WEST TOKYOプロジェクト』として、働き手を受け入れる介護福祉事業所を2021年1月1日〜2021年12月31日まで募集します。

スケッターとは?

介護福祉領域に関わる人(関係人口)を増やすことを目的に、2019年にリリースされたWebサービスで、未経験者や資格のない方でも自分のできること(身体介助以外)で福祉に関われるのが特徴の体験型シェアリングエコノミーです。

登録者の6割以上がこれまで介護福祉領域に関わったことのない異業種で、外からの参加者を増やし続けています。学生や20〜30代の登録者が多く、「関心はあるけど、関わるきっかけや手段がなかった」関心層を惹きつけており、異業種からの転職も数多く誕生しています。現在の登録者は約1800人。

スケッター▼

https://www.sketter.jp

むさし介護アカデミーとは?

東京西部にある資格の学校。2018年1月に国分寺で開校。初任者研修、実務者研修を中心に、資格取得に留まらず、オンライン講座なども行う。「人と福祉と地域社会のHUB(中継拠点)になる」をミッションに掲げ、「資格取得をスタートラインとし、それぞれの人生に満足できる心と技術を共育する」を教育方針とし、西東京のオンリーワンの学校として異彩を放つ今最も注目されている学校。

本プロジェクトでは、主に介護を目指す人材に対する魅力発信、教育、資格取得を担当する。

むさし介護アカデミー▼

http://musashi-academy.com/